東京ディズニーシーの拡張エリアはどこ?!東京ディズニーランドもエリア一新!新テーマのエリアとは?!

SPONSORED LINK

28日にオリエンタルランドが発表した今後のディズニーリゾートの運営方針に
ワクワクが止まりません♪

東京ディズニーランド・東京ディズニーシーの
今後10年間の長期計画発表の記者会見が行われたのですが、
そこで片山雄一取締役常務執行役員によって発表された内容が

『ディズニーシーの拡張やディズニーランドのエリア一新などに、大規模に投資していく』

というものだったのです。


東京ディズニーシーの拡張や新アトラクションは?東京ディズニーランドのエリア一新とは?

すでに公表されているものもありますが、
オリエンタルランドは今後、ディズニーランド・ディズニーシー合わせて
2015年から2024年までの10年間に5000億円規模の予算をかけてパークを一新・強化していく計画です。

背景には中高年層の人口増加東京オリンピックに向けた
観光誘致などがあるようです。

現在の入園者数よりも更に200万人~300万人増える見込みということですが、
途方もない数字でよくわかりません・・・笑

単純にエリアが広がれば、それだけ混雑軽減にもなっていくのでしょうか・・・。

 

東京ディズニーシーの拡張エリアとは?

ディズニーシーについては建設当時から拡張用に用地を用意してあるようです。
今回拡張されていくであろうエリアは
当サイトとしては↓の2エリア。

 

ロストリバーデルタの隣に位置する雑木林のエリア

sea-area1

この部分には、かなり大きなエリアが確保されています。
シーのオープン当時から、ここにはいずれ何か入るだろうな、とは思っていたのですが、
現在のところはまだ雑木林のままです。

ポートディスカバリーからの景観に入ってきてしまう部分でもあるので、
あまり背の高いアトラクション(タワーオブテラーのようなね)
などは入りにくいかな?とも思います。

 

アラビアンコーストの奥に位置する雑木林のエリア

sea-area2

アラビアンコーストのアトラクション
『ジャスミンのフライングカーペット』が入りましたが、
まだまだ余地のたっぷりあるエリアです。

アラビアンコーストかロストリバーデルタのアトラクションを増やす為のエリアなのかな、
という気もしますが、ここも拡張エリアとしてはかなりの有力候補です。

 

東京ディズニーシーの『マーメイドラグーンシアター』リニューアルには40億円!

2015年の春にリニューアルが待たれる
マーメイドラグーンシアター』。
こちらのリニューアルに伴う投資額は、なななんと約40億円!!

これまでのマーメイドラグーンシアターに比べて、
かなり大規模にリニューアルされることが予想されます。
これにはかなり期待してしまいますよね♪

 

2015年中にはメディテレーニアンハーバーの鑑賞環境を改善する予定も!

水上のショーがもう少し見やすくなるのかどうなのか?
そんな声も聞こえてきそうですが、
今回のメディテレーニアンハーバーの改修は、
2014年9月までとなる「レジェンド・オブ・ミシカ」の後継ショーのための工事では・・・?と言われています。

このメディテレーニアンハーバーの改善への投資額は25億円!!

後継ショーも楽しみですね!

 

2016年の東京ディズニーシー15周年に向けての改修なのか?

東京ディズニーシーの改修やリニューアルは2015年中のものが多いのが気になります。
これは2016年に東京ディズニーシーが15周年を迎えるからなのでは?と思います。

15周年ということで、シーではイベントも始まるでしょうし、
そこで何か新しいショーなども打ち出してくれるだろうと期待します。
そこへ向けた大規模な改修もあるのではないでしょうか。

 

東京ディズニーランドのエリア一新の計画とは?!

東京ディズニーランドは、
”あるテーマに沿って複数のアトラクションを集めた「エリア」を一新する計画”
という事なのですが、どのエリアを一新するのでしょうか?

 

噂されているのは「ファンタジーランド」と「トゥモローランド」

まず言われているのが、
「ファンタジーランド」と「トゥーンタウン」を一体化して
再開発するのでは?
という事。

小さな子供達から中高年層まで
家族層が楽しく遊べる新しい「ファンタジーランド」ができるのでは?というものです。

これは大いにありえますよね。
ファンタジーランドとトゥーンタウンは隣り合い、
今でも小さな子供連れの家族層には遊びやすいエリアです。

これを更に一つのエリアとして組みなおす、という事です。

海外のパークにはすでにあるように、
ディズニープリンセスのアトラクション
グリーティング部屋などができるかもしれません♪

また、もう一つ言われているのが「トゥモローランド」の再開発

未来”がテーマのエリアであることから、
時代に合わせて近未来の姿を描いていかなかればならないエリアなので、
一番改修やリニューアルの多いエリアです。

スターウォーズの新作も決定していることから、
スターウォーズ関連のアトラクションが導入される可能性も大いにあるそうなのです。

どちらにせよ、今までの東京ディズニーランドから大きく生まれ変わりそうな予感で
非常に楽しみです!

 

2015年夏には「リロ&スティッチ」のアトラクションがスタート!!

2015年夏に「リロ&スティッチ」のシアター型アトラクションができるのは
公式に発表されているとおりです。

このアトラクションが導入されるエリアが「トゥモローランド」。
『キャプテンEO』の施設に入るんです。

(このため、『キャプテンEO』がが2014年6月30日をもって終わってしまいます。)

スクリーンを通じてスティッチと交信できる、このアトラクション。
やはり3Dになるのでしょうか。

stich

画像は香港ディズニーランドの『スティッチ・エンカウンター』。

日本で始まるのが今から待ち遠しくなってしまいますね。

 

2014年は「ワンス・アポン・ア・タイム」に続き「ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション」がスタート

2014年中に東京ディズニーランドで新しく始まるショー、アトラクションは
まず5月29日に「ワンス・アポン・ア・タイム」
9月8日に「ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション」
となっています。

 

新しくなるジャングルクルーズの内容とは?

船長のトークが面白く、何度乗船しても楽しめるのがジャングル・クルーズの魅力。
リニューアルされて、
一体どんなアトラクションになるのでしょうか。

大きな変更要素はショーの要素が加わるということだそうです。
世界のジャングルクルーズで初めて「オリジナルの音楽」が導入されたり
今までよりもっと「冒険感」あふれるアトラクションになるとの事!

もちろんナイト&デイで異なるクルーズも楽しめます(笑)

 

:関連記事:

【ワンス・アポン・ア・タイム】東京ディズニーランドの新しいナイトエンターテイメントのショースケジュール詳細 抽選制なの?

ディズニーランドもディズニーシーもリニューアルや新しいものまで
続々と登場予定でかなり楽しみです。
今回の計画では予算額もかなり多く投入され
本当に大規模なものとなりますから、
一新されて生まれ変わるディズニーにこれからも目が話せませんね!

最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です