【衝撃】映画『マレフィセント』の日本語吹替版の声優がオークションで決定!?その落札額は?!

SPONSORED LINK

アンジェリーナ・ジョリーが演じる
”美しすぎる悪役”が話題のディズニー映画『マレフィセント』。

この”日本語吹替版の声優として映画へ出演できる権利”が
yahooオークションにかけられていたのをご存知でしょうか。

この権利、4月30日から「ヤフオク!」のチャリティーオークションに出品されていました。

seiyu

チャリティーというところがいいですね。
慈善活動を活発にしているアンジー主演の映画だからでしょうか?

落札者の権利は

・日本語吹替版声優として出演(男性役、女性役共に1名ずつ)
・吹替版のエンドクレジットへ名前が記載される
・日本の劇場公開前試写会へご招待

と、なっています。


完全に素人さんが声優として演じるわけですから
観る方としては、この落札者さんが一体どんな役をするのか?
・・・も非常に気になるのですが、
「声優をオークションで決める」なんてなかなかユニークな発想ですよね。

日本の劇場公開前のイベントへの招待については、
もしかしたら映画の出演陣が来日するかもしれない、とまで記載されていたので、
そちらに重きを置いていた方も多かったでしょうね。

なにしろ貴重な体験のできるオークションでしたが、
その気になる落札額はというと・・・・・

男性
1,235,569円!!

seiyu3

女性
763,000円!!!

seiyu2

すごいですねー!
落札額は総額200万もの金額となっています。

日本語吹替のアフレコが5月15日と決まっているようです。

話題の映画『マレフィセント』
日本語吹替版もどんな仕上がりとなるのか楽しみですね!!

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です